営業現場での定着率の悪さが理由

9月 9th, 2016 Posted by admin

ある会社の営業案件、営業日報などを含めた営業支援ツールを社内に導入したものの、営業現場での定着率が悪く、せっかく費用をかけていたのに活かしきれていない、といの理由から別の会社のツールで仕切り直しをはかった、という企業がありました。

2、3社のツールを比べ、最も使い方のしやすさ、そして画面の見やすさなどを最優先にし、営業現場での活かしやすさも考慮した上でツールを決定した結果、前のツールでは考えられ無い2ヶ月という速さで現場での定着ができたそうです。

それなら、最初からこの会社のツールの導入しておけば良かったのに!と思いますよね^^でも、私たちでもそうではありませんか?

あるパソコンのソフトを評判だけで購入してみたものの、実際に使ってみると複雑な構造で意味がわからない。時間ばかりかかるのに、大した成果が得られないと。

企業においても、いくつかの失敗があって信頼できるツールと巡り合える、こんな事例も多いと思いますね^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>