失敗してもまだチャンスはある!

5月 26th, 2017 Posted by admin

営業訪問を何度も行い、ようやく商談にこぎつけたものの受注までには至らなかった・・。しかし、SFAの営業日報を活用していれば、それまでの商談状況の記録によって再度チャンスを得ることも可能なんです。

SFAの営業日報にはその会社、そして担当者との商談の詳細が刻まれています。そのため、どの時点で何が良くなかったのかを後から検証することが可能です。SFAにおいては情報が共有化されていますから、別の営業スタッフの過去の商談履歴を参照することで何かしらのヒントが得られることも。反対に、今回の失注から同じような失敗を重ねることなく、別のアプローチを行うことで2度目のチャンスで受注を勝ち取ることだってできるかもしれません。それだけ商談の詳細を記録しておくことは後につながっていく、ということなんですね。

もし、営業日報の入力に何の価値も見出せない営業マンがいたとしたら、このような例を挙げてSFAの重要性を説いても良いかもしれませんね。

営業支援システムについてはこちらの製品を参照しました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>