モバイルデバイスに欠かせないmdm

8月 27th, 2017 Posted by admin

ipad やiphoneなどを製造販売するapple社では、教育機関向けの機能apple school managerと呼ばれる機能に対応しており、共有ipadなどでパーソナルな学習体験や生徒ipadがどのくらいの勉強が進んでいるのか?など学習状況確認なども可能しています。
タブレット端末を教育機関で導入するに当たり、mdmは欠かせないツールですが、アプリケーションや管理機能に合わせてmdmをどこのメーカーに依頼するのか考えるとよいでしょう。
Mdmで各タブレット端末を一括管理することで、全員のアプリケーションを同時に開いて生徒たちがデバイスで見ているものなどをすべてコントロールすることもできます。また先生は生徒がワークシートなどを取り組んでいる様子を知りたいと感じた時には、どの画面でもタップ操作をすることが可能になっています。
生徒がパスワードのリセット操作をしている時などは円滑に学習を進めるにあたり、教師のipadを手伝うということも可能です。
Mdmはぜひとも利用したいサービスですね。
iOSのmdmについておさらいします

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>