ウイルス感染、不正使用を回避できるmdm

2月 9th, 2018 Posted by admin

スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスの利用は業務効率のアップにもつながりますが、その反面府政アクセスによるウイルス感染などのリスクも潜んでいます。
スマートデバイスの私的利用をする従業員も少なからずおり、それにより情報漏えいや不適切なウェブ閲覧による生産性の低下などの問題も出てくるでしょう。
そこでmdmツールによるwebフィルタリング、セキュアブラウザ、ログレポーティングの3つの管理でそれらの問題を回避することができるのです。
webフィルタリングは従業員の私的利用の抑制とともに、標的型攻撃、SNSからの情報漏えいをブロックすることができます。多才なフィルタリングで業務の効率化と管理者のコストの軽減を実現できますし、携帯電話通信網、有線LANや無線LANなど、あらゆる通信環境でもフィルタリングが可能になっています。
セキュアブラウザではキャッシュなどのデータもweb閲覧後に自動的に削除することができます。端末に企業データを残さないため、端末紛失時の詐欺サイト、マルウェアからの情報漏えいリスクを予防することができるのです。参照URL

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>