学校現場でのApple DEPの利用

2月 18th, 2019 Posted by admin

Apple DEPとはApple社が提供している教育機関や企業向けのiPhoneやiPadなどのiOS端末導入支援のサービスになります。
iPhoneやiPadなどのiOS端末を学校や企業で導入する場合、大量のモバイルデバイスの初期導入設定が必要であり、管理も非常に大変です。特にモバイルデバイス端末を使用可能な状態にする事前準備であるキッティング作業は管理者の作業負荷が非常に膨大であり、その作業に時間を費やしてしまいます。しかしApple DEPを利用すれば、キッティング作業を大幅に軽減することができるのです。
これまでは学校で使用するタブレットの初期導入作業としては、Apple社の専用ソフトをインストールして、iOS端末とMacを有線で接続して、1台ずつ個別に設定する必要がありました。
一方Apple DEPを利用すれば、管理対象端末への設定が無線ネットワーク経由から行うことができるので、設定用のMacが必要なくなり、端末を手元に集める作業もありません。そのためキッティング作業の効率が大幅に改善されるのです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>