Archive for the ‘未分類’ Category

視野を広く

Posted on 8月 17th, 2017 by admin  |  No Comments »

携帯端末の発展スピードは著しく、毎月のように新機種が発表されては話題となる。業務用の端末としても時に新機種の新機能が魅力的に見える事もあるだろう。MDMサービスに関しては既に黎明期は抜け、まだまだこれからの分野とは言えない程に成熟してきている。様々なサービスを比較検討し、最適なサービスを選択したとしても、それは一過性の「最適解」である可能性は捨てきれない。各社のシステムもスマホの進化を追従するように常にバージョンアップを繰り返している。他社には無い画期的な「何か」を大々的に売り出す事もあるだろう。そういう意味では「最適解」は時間の流れと共に移り変わり、変化し続ける。利用中のサービスの公式ページくらいは確認しているケースは多いと思うが、浅くとも業界全体を常に確認するくらいの視野は持ち合わせておきたい。義理や人情で継続契約を続けるというのは実に日本人的ではあるが、より良いサービスを目にしてまで、それを貫くというのは、いささかアナログでスマートではないとも言えるだろう。mdmで制限可能なこと

管轄外でのセキュリティー

Posted on 8月 8th, 2017 by admin  |  No Comments »

業務用の端末においては徹底した社員教育とMDMサービスの適切な運用がセキュリティーレベルの維持には欠かせない要素だが、業務時間外の事まではシステムやポリシーでは掌握しきれないし、そこはプライバシーの観点からも介入する事は難しい。近年急速に発達、普及したスマホであるが、同様に利用者数を確実に増やしてきたのがSNSと呼ばれるサービスである。TwitterやLINEといったコミュニケーションツールは広く普及し「当たり前」に使われるようにもなってきたが、業務上の重要なやり取りをLINEで済ませてしまうようなケースは望ましくない。SNSアカウントの乗っ取りなどもかなり表面化している現状もあるし、企業の公式Twitterアカウントがうっかり妙なことを呟いて問題となるケースも少なくない。コレに関してはアカウントの乗っ取り被害の線も無い訳ではないが、本当にうっかり妙な事を言ってしまうケースの方が圧倒的に多く、現代版の「口は災いの元」と言える事例が目立つ。これはもうセキュリティー意識の問題というよりは常識レベルの資質が問われるような問題である。http://ascentnet.co.jp/mdm-modem/

スマホやタブレット端末の業務活用をサポートするmdm

Posted on 7月 30th, 2017 by admin  |  No Comments »

Mdm機能は企業や教育機関で利用されることが多いサービスの1つです。また医療機器向けのIT機器管理システムでmdm機能を導入している病院などもあるでしょう。Mdm機能は業務で使用するiPhoneやiPad、ipod touchなどの資産情報を収集して、一括管理することができます。またapple者のmdm機能を活用したセキュリティ管理機能も搭載されている場合もあり、業務での必要性を考慮しながら、カメラ、icloudなどの機能を制限することもできます。Mdm機能のすごいところとして、キャリアが違うモバイルデバイス端末であっても管理ができるという点があります。各キャリアの提供の管理サービスとは異なり、mdm機能を提供するメーカーのmdmサービスであれば、複数のキャリアのモバイルデバイス端末が混在していても、すべての端末において一元管理することができるので効率よく管理することが可能です。またクライアントPCとモバイルデバイス端末を一元管理することも可能性です。

情報漏洩をふせぐmdm

Posted on 7月 21st, 2017 by admin  |  No Comments »

“企業や教育機関などで莫大な数のスマートフォンやタブレットを使用しる場合、一括して管理統制しなければなりません。そのためにはモバイルデバイスを管理できるmdmを用いるのがよいでしょう。Mdmはモバイルデバイス管理の略であり、iPhone、iPad、android、Windowsなどのスマートフォン、タブレットなどのユーザーの持っているモバイルデバイスをセキュリティで保護、管理するのに役立つサービスになります。Mdmを利用することによってモバイルデバイスのセキュリティポリシーの作成、管理、モバイルデバイスのリモートワイプや詳細なデバイスのレポートの表示なども可能です。
スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスを職場で使用する予定表、連絡先、メール、ドキュメントなどにアクセス可能にしておくことで、社員は自分の仕事をどこでも把握することができ、仕事の効率化が図れるようになります。しかしモバイルデバイスを使用する時には、組織の情報が外にでないように情報を守ることが非常に重要になります。そのため、mdmを利用する企業が大半なのです。
mdmの価格の例です

管理者ごとのmdm管理機能

Posted on 7月 12th, 2017 by admin  |  No Comments »

“教育機関で使用するタブレットやスマホなどをmdm管理する時に様々な機能がありますが、複数の管理者ごとに利用できる機能、そして管理対象となるタブレットを細かく設定することができます。例えば学校によって生徒の数やクラスの編成は異なります。また運用体制も異なるため、タブレットやスマホを利用する場合、それぞれの教育現場での課題にフレキシブルに対応できる運用システムが重要になってきます。
そこでmdm管理では、教育委員会、学校のICT責任教員、クラス担任などそれぞれ複数の管理者ごとに利用できる機能を設定しています。細かな管理分担の設定が行われていることでよりモバイルデバイスを使いやすくしているのです。
全体管理ではmdm全機能を利用可能としていて、クラス担任では学年やクラスごとの管理権限を任せられるように、授業で利用するアプリの配信で会ったり、タブレット紛失時のロックであったり細かな管理設定ができるようにしています。
mdm教育

管理者不在?

Posted on 7月 2nd, 2017 by admin  |  No Comments »

業務用にスマホ等のモバイル端末を導入する事のメリットは多く、生産性を高める手助けとして大いに期待できる、むしろ今後は必須となる汎用ツールであり、近年の若者であれば、研修や技能を保証する資格など不要なレベルで日常的に扱い慣れている世代が今後の日本では主な労働力となる。当然の如く備えているスキルを使わない手はないが、企業規模に関係なく、mdmによる一括管理は最早必須。これはもう「飲むなら乗るな」と同様の重さがある部分だ。大手の企業であればIT部門のような専用の部所がこれらの管理を行うが、端末を導入する以上、中小零細であってもmdmありません。では話にならない。かといって現状からさらにスマホの管理という仕事が増えるのも困る。そういった管理者不在の状況下に対応するようなサービスも増えてきている。mdmを提供する企業も数が多く、価格競争やサービス内容の差別化など様々な生き残り戦略が見えてくる。中には「丸投げ」を請け負うサービスも存在し、最低限のセキュリティーサービスの提供で、いざという時は24時間365日、電話一本で対応してくれる。MDMとは – 管理って?

mdmは会社情報が漏れないためのものです。

Posted on 6月 23rd, 2017 by admin  |  No Comments »

みなさまこんにちは。今回は会社の情報を守る、に焦点を当ててmdmの話をしていきます。
Mdmは会社の情報が漏れる危険に(携帯紛失)必要なツールです。例えば、携帯の所在がわからない時に携帯のデータを初期化するなどが主な機能です。もちろんそう言った場面に陥ることは多くありません、しかし、そう言った状況になったとして社員は携帯をなくしたというのか?私なら言えません。必死に探します。なぜって怒られたくないから。しかしこれが一番危険だと思います。紛失しているうちにデバイスを拾われデータを抜き取られている可能性もあります。そう言った時のためにマニュアルなどを配布するのも対策の一つです。例えば、デバイス紛失時にはすぐに私まで知らせてくださいのようなルールをみんなで共有するなどの対策はすべきですね。それを守ってくれるかは別ですが。しかしやらないよりはいいです!もしそう言ったマニュアルを持っていないならmdm用に作ってmdm内のドキュメント配信などで利用するのもいいかもしれません。mdmとは

営業マンにはスマホを持たせろ!

Posted on 6月 13th, 2017 by admin  |  No Comments »

みなさまこんにちは。今回は営業マンにスマホを持たせることのメリットを2つご紹介します。さて、みなさんの会社では営業マンにスマホが支給されていますでしょうか。持たせている人はブラウザをバックしてくれて構いません。 もたせていない人向けです。 では1つ目ですが、営業マンは基本外回りをしますよね?外回りをさせていると基本何をやっているかは不透明です。しかし、スマホを持たせると位置情報がつかめます!それはmdmというツールがスマホが取得した位置情報をmdmの管理者に送信するからです。これによって、営業マンがしっかり業務してるかわかります。 次に2点目です。それは、迅速な対応をスマホを使って行えることです。以前のガラケーでは情報処理や資料作成などのことはできませんでした。しかしスマホではその作業を行えます。営業マンは基本外にいるものなので、外でなんでもやれる環境をつくったスマホはすごい!まあ、実際にはmdmっていうツールでちゃんと管理しないとダメですけどね!MDM modem

エクセルでもある程度は可能です

Posted on 6月 2nd, 2017 by admin  |  No Comments »

名刺の管理サービスの導入を考えているけど、使えるかどうかわからないし、コストも心配という経営者の方。エクセルでもある程度までなら名刺管理を行うことも可能なんですよ。

エクセルだったら多少の心得はある!という経営者、営業マンも多いでしょう。ネットで調べるとエクセルを使って実際どのような設定をしたら良いのか、丁寧に詳しく説明されたサイトもけっこうあるんですよね。

セル移動の方法など、初歩から一緒にエクセルの使い方が示されているのでこれなら個人経営の方でも時間、手間の節約にもなりそうです。項目としては会社名、部門、役職、氏名、ふりがな、電話、担当者など自社で必要なものを設定。今まで数百枚の名刺の中から取り出していた情報が、エクセル一つで簡単に情報抽出もできるようになりますよ!

名刺管理をアプリや市販スキャナーで簡単登録 | 名刺管理CRM

必要とする情報とその活用についてしっかりと話し合う!

Posted on 5月 31st, 2017 by admin  |  No Comments »

SFAを導入し、それを成功に導くために必要とされるのが、どんな情報を集めてその情報をどのように活用していくのか。簡単なことのようですが、実は多くの企業ではこれらのことをしっかりと話し合っていなかったために、SFAの利用が中止になったり放置されているケースもあるんですね。

SFAには多くの情報からそれぞれの顧客に最適な商品やサービスの提供をできるようになるのですが、そこには自社が必要とし蓄積していくべき情報とはどのようなものなのか、そしてこれら集めた情報はどのようにして使いたいのか、この部分を全社を上げて意思統一を図っておくことが重要です。

これだけネット上にはSFAをサービスしている会社やコラムがあるわけですから、SFAの宣伝活動にも貢献していますよね。実施に使ってみるとその良さは実感できるはず。しかも、アメリカから来た高品質、高機能なものが詰まったものでなくても、シンプルで低価格のSFAであっても作業の効率化はすぐにでも感じられると思いますよ。